NSK Japan
投資家情報

現在位置: ホーム >> 投資家情報 >> 株式・格付情報

株式・格付情報

株式の状況 (2016年9月30日現在)

発行済株式数 551,268,104株(自己株式20,351,595株を含む)
株主数 29,251名
上場取引所 東京
銘柄コード 6471
事業年度 4月1日~翌年3月31日
定時株主総会 6月
配当の基準日 期末配当金―3月31日
中間配当金―9月30日
1単元の株式数 100株
公告掲載 電子公告により行います。但し、電子公告によることができない事故その他やむを得ない事由が生じたときは、東京都において発行する日本経済新聞に掲載する方法により行います。
所有者別株式分布状況 金融機関 51.15%
証券会社 3.35%
その他国内法人 9.11%
外国法人等 21.91%
個人・その他 10.79%
自己名義株式 3.69%

株式手続きのご案内

株主名簿管理人 〒103-8670 東京都中央区八重洲一丁目2番1号
みずほ信託銀行株式会社
同事務取扱場所 〒103-8670 東京都中央区八重洲一丁目2番1号
みずほ信託銀行株式会社 本店証券代行部
  証券会社に口座をお持ちの場合 特別口座の場合
郵便物送付先 お取引の証券会社になります。 〒168-8507
東京都杉並区和泉二丁目8番4号
みずほ信託銀行株式会社
証券代行部
お問い合わせ先 0120-288-324
(フリーダイヤル)
お取扱店 みずほ信託銀行株式会社
本店及び全国各支店
みずほ証券株式会社
本店、全国各支店及び営業所
(未払配当金のお支払いのみ)
株式会社みずほ銀行 全国本支店
ご注意 株式が証券会社の口座の場合、未払配当金のお支払い及び支払明細のご発行は、上記右欄の郵便物送付先・お問い合わせ先・お取扱店へお問い合わせください。 単元未満株式の買取・買増以外の株式売買はできません。

大株主 (2016年9月30日現在)

株主名 持株数 持株比率
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 37,635千株 7.08%
明治安田生命保険相互会社 27,626千株 5.20%
富国生命保険相互会社 27,600千株 5.19%
日本生命保険相互会社 27,518千株 5.18%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 27,145千株 5.11%
株式会社みずほ銀行 18,211千株 3.43%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(トヨタ自動車口) 10,709千株 2.01%
トヨタ自動車株式会社 10,000千株 1.88%
株式会社三菱東京UFJ銀行 8,675千株 1.63%
日本精工取引先持株会 7,520千株 1.41%

※持株比率は自己株式(20,351,595株)を控除して計算しています。

配当金・配当方針について

配当金・・・過去5年推移
  中間配当 期末配当 年間配当
2017年3月期 24.0円
2016年3月期 17.0円 17.0円 34.0円
2015年3月期 12.0円 16.0円 28.0円
2014年3月期 7.0円 9.0円 16.0円
2013年3月期 6.0円 5.0円 11.0円

※ 2017年3月期 中間配当の内訳 普通配当 14.0円 記念配当 10.0円

配当方針

当社は株主の皆さまに対する利益還元を重要な経営方針の一つとしています。配当については、連結ベースでの配当性向30%を目安として継続実施することを基本とし、財務状況等を勘案して決定したいと考えています。

社債・格付

格付情報

格付機関 長期格付け 短期格付け
格付投資情報センター(R&I) A a-1
日本格付研究所(JCR) A+ -

社債情報

  発行日 期末残高(億円) 利率 償還期限
第42回無担保社債 2014年9月10日 200 0.288% 2019年9月10日
第43回無担保社債 2014年9月10日 200 0.769% 2024年9月10日
第44回無担保社債 2017年3月14日 100 0.120% 2022年3月14日
第45回無担保社債 2017年3月14日 100 0.400% 2027年3月12日

関連情報

投資家ページ 新着情報

>> 投資家情報 バックナンバー

プレスリリース 新着情報

>> プレスリリース バックナンバー

  • 企業情報
    NSKは世界中に設けたネットワークを通してお客様にサービスを提供しております。詳細情報については、お近くのNSKへお問い合わせ下さい。
  • CSR
    NSKは摩擦を制御し、省エネに役立つ本業による社会貢献をCSRと考えています。
  • 研究開発
    NSKの100年にわたる歴史は、常に新技術の追求と品質向上への努力とともにありました。研究開発活動に関する詳細はこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ