• TOP
  • NSKはどんなカイシャ?

就活生のみなさんへ

就活生のみなさんへ

内山 俊弘

日本精工株式会社(NSK)は、1916年に日本初のベアリングメーカーとして創立されて以来、業界のリーディングカンパニーとして、時代の新たな地平を切り拓き続け、社会の発展に貢献してきました。主力製品であるベアリングをはじめ、電動パワーステアリングやボールねじなど、高機能、高品質を誇る製品群は、世界トップクラスのシェアを誇り、多彩な分野で私たちの生活を支えています。

私たちNSKは、2016年11月8日に創立100周年を迎えましたが、明日のNSKをさらに発展させていくのは、なによりも『人』です。これまでにないものの見方、柔軟な発想をもった若い皆さんが、「あたらしい動きをつくる」ことを期待しています。社会がより安全、安心、快適で豊かなものとなるよう、広い視野、高い視点で社会ニーズをいち早く発掘し、誰も想像できなかった「動き」を「カタチ」にすることで、新しい時代に、新しいNSKを築いていただきたいと思います。

NSKにはやりがいを実感できる仕事がたくさんあります。そうした仕事を通して一人ひとりが成長していく。その成長する力を合わせて、NSKがより一層発展していくことを願っています。

自らがNSKの成長を牽引する意欲のある若い皆さんとともに、新しいNSKの歴史を創りあげていきたいと思っています。

取締役 代表執行役社長・CEO
内山 俊弘

会社概要

会社名
日本精工株式会社(英文名NSK Ltd.)
創立
1916年11月8日(大正5年)
資本金
672億円(2017年3月31日現在)
本社
〒141-8560
東京都品川区大崎1-6-3(日精ビル)
従業員数(連結)
31,501人(2017年3月31日現在)
売上高(連結)
9,492億円(2017年3月期)

企業理念

NSKは、MOTION & CONTROL™を通じ、円滑で安全な社会に貢献し、
地球環境の保全をめざすとともに、グローバルな活動によって、
国を越えた人と人の結びつきを強めます。

企業理念

NSKは、MOTION & CONTROL™を通じ、
円滑で安全な社会に貢献し、
地球環境の保全をめざすとともに、
グローバルな活動によって、
国を越えた人と人の結びつきを強めます。

NSKビジョン2026

あたらしい動きをつくる。
あらたなライフスタイルを生み出し、笑顔あふれる明日を実現するための、
次の「動き」をつくる。
社会のニーズをいち早く発掘し、世界中の期待を超える、
誰も想像できなかった「動き」をカタチにする。
私たちが未来を動かしていく。


当社の企業理念を実現するために、創立100周年から10年後の2026年を一つの目安として、 NSKグループが、どのような会社を目指していくのか。その想いをまとめたものが「NSKビジョン2026」です。 このビジョンは、世界中の社員の声やお客様からのご意見などをもとに、策定しました。

NSKビジョン2026

あたらしい動きをつくる。
あらたなライフスタイルを生み出し、
笑顔あふれる明日を実現するための、
次の「動き」をつくる。
社会のニーズをいち早く発掘し、
世界中の期待を超える、
誰も想像できなかった「動き」をカタチにする。
私たちが未来を動かしていく。


当社の企業理念を実現するために、創立100周年から10年後の2026年を一つの目安として、 NSKグループが、どのような会社を目指していくのか。その想いをまとめたものが「NSKビジョン2026」です。 このビジョンは、世界中の社員の声やお客様からのご意見などをもとに、策定しました。

国内シェアNo.1、世界シェアNo.3
ベアリングのリーディングカンパニー

日本でトップ、世界でトップクラスのシェアを維持しています。

NSKは日本で最初にベアリング(軸受)を開発・生産した“日本初のベアリングメーカー”。1916年の創業以来、常に技術に磨きをかけ、高い品質を維持し続けることで、今では国内No.1、世界No.3*のシェアを実現、ベアリングのリーディングカンパニーとしての地位を築き上げました。しかし、NSKの目標は「世界No.1」。圧倒的な技術力、優れた人材を背景に、今もNSKの挑戦は続いています。

*出典 日経産業新聞

自動車事業

ベアリングや電動パワーステアリングなど、NSKの製品は自動車にとってはなくてはならないもの。高品質な製品を提供することで自動車の安全性、快適性に貢献しています。高度な技術力とグローバルネットワークを生かし、高まる環境志向や、新興国需要の拡大に対応しています。

自動車軸受

ABSセンサ内蔵ハブユニット軸受
自動変速機向け長寿命軸受
自動車用変速機向け「樹脂保持器付き次世代円すいころ軸受」

自動車部品

コラムタイプ電動パワーステアリング
ステアリング向けスライドタイプ中間シャフト
自動変速機向けクラッチアッセンブリー

産業機械事業

NSKは、幅広い産業にさまざまな製品を供給しています。鉄道や工作機械、さらには人工衛星といった大型の機械から、パソコンやプリンタ、各種家電など身近なものまで、あらゆる機械に使用されています。

産業機械軸受

高機能複列円筒ころ軸受高剛性ロバストTBシリーズ
ミニアチュアボールベアリング
自動調心ころ軸受TLシリーズ

精機製品

高速工作機機械用ボールねじ「HMSシリーズ」
NSKリニアガイド™「高防塵サイドシール付きローラガイド」
メガトルクモータ™

NSKの強みについて、4つの観点からご紹介します。

NSKの強みについて、
4つの観点からご紹介します。

4つのコアテクノロジー

NSKは1916年の創業以来、100年近くにわたって新技術の追求と品質向上に力を注いできました。ベアリング(軸受)や自動車部品、精機製品のリーディングカンパニーへと成長したNSKの技術基盤となっているのが、「トライボロジー」、「材料技術」、「解析技術」、「メカトロ技術」からなる4つのコアテクノロジーです。

多角化

NSKは国内No.1、世界No.3*のシェアを誇るベアリング以外にも、世界No.1シェアのボールねじやNSKリニアガイド™、市場が伸びている電動パワーステアリングなど、幅広い製品展開を行っています。そのため、ワンストップでモノつくりに関わる多様な製品をご提供できます。また、製品の裾野が広く、自動車事業と産業機械事業の2つの事業があるため、一方の事業が不調な場合でも、もう一方で支えるというような、安定した経営構造になっています。

*出典 日経産業新聞

企業風土
NSKは独立系の製品メーカーです。だからこそ、独自の戦略でさまざまな分野へ製品・事業を展開。大型の機械から、パソコンやプリンタ、各種家電など身近なものまで、あらゆる産業の多様な企業に製品を供給しています。その基盤は、圧倒的な技術力。他社に負けない技術があるからこそ、高精度・高品質を実現したNSKブランドは、日本はもちろん、世界のあらゆる機械に採用されています。その結果、独立系部品メーカーとしては、日本最大級の売上を誇っています。
海外戦略
NSKは、1960年代という早い時期での、アメリカにおける販売会社設立を皮切りに、グローバル展開に力を入れています。その挑戦心は現在も変わらず、最近ではロシアでの販売拠点や中国での12番目の工場、また、日系企業のベアリングメーカーでは初めてとなる、メキシコでの工場設立を行っています。こうした先進的な海外進出が、NSKの強さの秘訣です。

NSKの強さを物語る、グローバルネットワーク。
国内シェアNo.1、世界シェアNo.3。

1962年に米国に販売拠点を設置して以来、日本・米州・欧州・アジアの4極体制をベースに、生産・販売・技術のグローバルネットワークを展開。ビジネスフィールドを広げています。

海外の事業拠点は29ヵ国・151ヵ所。

拡大

日本国内でも事業拠点が全国に広がっています。

拡大

ベアリングのシェア、国内No.1、世界No.3の実績。

常に技術に磨きをかけ、高い品質を維持し続けることで、ベアリング(軸受)では国内シェアNo.1、世界シェアNo.3*。圧倒的な技術力、優秀な人材を背景に、品質・製品・サービス・情報・業務プロセスなど、すべての面で「トータルクオリティNo.1」を目指し、世界シェアNo.1にチャレンジしていきます。
*出典 日経産業新聞

海外現地従業員数約20,000名。
日本からの駐在員数約340名。

世界各地域のNSK拠点には、20,000名を超える現地社員が在籍し、活発にビジネスが展開されています。その海外の現地社員と力を合わせてグローバルビジネスの基盤をつくるのが海外駐在員の役目です。入社数年後の若手社員も含め、現在約340名の駐在員がさまざまな地域で活躍しています。技術系・事務系を問わず、海外での仕事のチャンスは広がっています。

NSKのあゆみ

拡大