NSK 日本精工株式会社

100th Since 1916

100 Years of NSK  環境貢献企業として100年

NSKは1916年に日本で初めてベアリング(軸受)の生産を開始して以来、常に革新的な技術に挑戦してきました。
100年近い事業の歴史で培った、技術力、生産力、顧客満足の最大化を目指した販売活動、コンプライアンスを最優先した経営方針で、国内外の幅広い産業の発展と環境負荷低減に貢献しています。
NSKはこれからも製品、サービス、経営体制など、全ての面で業界No.1のグローバル・エクセレントカンパニーを目指していきます。

詳しく見る
19161957 19581983 19841993 19942008 20092015 2016

創立・開拓期

19141957
株式会社設立当時の工場全景

1916年、初代社長・山口武彦が日本で最初の軸受メーカーとして「日本精工株式会社」を創立し、量産を開始した。
戦後は、先行する海外メーカーと同等の品質力や技術力を獲得し、輸出を拡大して日本の復興を支えた。

「産業のコメ」と呼ばれる軸受は、幅広い機械に使用され、機械のスムーズな動きを支えている。日本の機械工業の進むべき道に思いを馳せていた山口武彦が着目したのが、明治末期から日本に輸入され始めた軸受だった。第一次世界大戦が勃発した1914年、山口は機械部品製造会社「日本精工合資会社」を設立して軸受の試作を開始し、1915年には日本初の軸受を開発した。その翌年の1916年に軸受の量産を開始するとともに、「日本精工株式会社」(NSK)を創立する。
明治初期に、日本の国力を高めるために殖産興業政策が推進され、鉱山、鉄道などの官営事業が生み出された。その後は、民営振興のために繊維、化学、造船、鉱山などの官営工場が民間に払い下げられた。第一次世界大戦が勃発すると、造船業を中心に産業が発展し、日本は本格的な工業国への歩みを始めていく。その後、第二次世界大戦の戦火の拡大とともに、日本の産業界が軍需へのシフトを迫られる中で、NSKでも国の要請を受けて、航空機や自動車向けの軸受の増産体制を整えていった。やがて戦雲が拡大し、外国製軸受を輸入できなくなると、相次いで工場を開設し、品種の拡大と生産能力を増強していく。NSKでは「技術第一主義」のもとで玉軸受のシリーズ化やころ軸受の製造、さらには日本初の軸受用鋼球の製造を開始し、日本の軸受業界をリードしていった。
戦後は、極度の物不足と高率インフレーションにより社会が混乱している中で、NSKでは民需向け軸受の開発・製造を進めていく。その後、朝鮮戦争の特需景気を機に日本経済が回復基調に入ると、自動車や繊維機械分野に本格的に進出し、世界水準の品質を確保しながら国内の生産販売体制を強化して、市場シェアを拡大していった。 

TOPICS

日本精工株式会社の前身である「日本精工合資会社」を設立。

1915年に軸受を開発した。

詳しく

「日本精工株式会社」を設立。軸受の量産開始。

山口武彦が、高橋是清などの協力を得て、1914年に創業した日本精工合資会社の事業一切を継承し、資本金35万円で「日本精工株式会社」を設立した。初代社長は山口武彦。当時日本を代表する会社を目指した多くの会社同様に社名に「日本」が付けられた。
※1916年には、白米10kgが 1円20銭だったが、現在の米価が10kgで3,000円であることから、現在の価値で9億円相当になる。

詳しく

国鉄鉄道車両車軸用に円すいころ軸受を開発。

藤沢工場を設立。

神奈川県藤沢市に軸受の製造工場、藤沢工場を設立した。同工場は現存するNSK最古の工場である。以後、九州から東北まで工場を設立し、現在では日本国内に22の生産拠点を展開している。

詳しく

当時最新の技術だったジェットエンジンの国産化を実現。

ジェットエンジンの中でも最も高速で回転する主軸用軸受を開発した。
日本で初めて軸受を開発・生産して以来、NSKは常に新たな分野にチャレンジしてきた。ジェット機をはじめ、東海道新幹線、国産人工衛星、国産航空機、高精細ビデオカメラなどの実現に大きく貢献し、日本の産業の発展を支えてきた。

詳しく

火力発電向け石炭粉砕ミル用に超大形自動調心ころ軸受を開発。

株式上場。

東京・大阪・名古屋の各証券取引所に対し、当社株式上場を決定。(2007年に名古屋での上場廃止)

詳しく

カメラのシャッタースピード高速化を実現するミニアチュア玉軸受を開発。

第二次世界大戦前は、ドイツのカメラが世界市場で圧倒的に高い評価を受けていた。しかし、彼らは東部に位置していたため、戦後苦境に立たされた。一方、日本のカメラ会社は米国向けの輸出を中心に大きく生産を拡大させていった。

詳しく

「西日本精工株式会社」を設立。

関西地区の製造拠点として滋賀県大津市に軸受の製造会社、「西日本精工株式会社」を設立し、操業を開始した。滋賀県は、もともと京都の近くに位置する交通の要衝であり、琵琶湖という“水の道”に恵まれたことから、歴史的な“鉄の先進地”だった。製造業が盛んな関西地区にて、今後の成長展望をもとに、1959年には「西日本精工株式会社」の軸受製造工場(現在の大津工場)を設立した。

詳しく

高度経済成長期・海外生産開始

19141957
ステアリングの製造ライン

高度経済成長期、NSKは創業以来受け継がれてきたフロンティア精神にのっとり、軸受の技術を活かして、ボールねじやステアリング製品など、事業を多角化させていった。
さらに海外展開を本格化し、欧州・米州を中心に営業拠点や現地法人、さらには生産拠点を相次いで設立するなど海外事業を柱へと育て上げていった。

60年代に入ると、日本経済はオリンピック景気やいざなぎ景気によって、約10%の高い経済成長を実現し、GDPも1968年には西ドイツを抜き世界第2位の経済大国となった。
NSKでは、1950年代後半からは、白黒テレビ、電気洗濯機、電気冷蔵庫の『三種の神器』など家庭電化製品向けに、1960年代半ばからは、乗用車、クーラー、カラーテレビの『新・三種の神器』といわれる耐久消費財などに軸受を提供し、日本の高度成長を支えてきた。現在では、エアコン、洗濯機、掃除機など一般家庭には100~150個以上の軸受が使われ、自動車にも1台当たり約150個の軸受が使用されている。
その一方で、海外企業との技術連携や合併会社設立にも動き出し、ステアリングやシートベルトなど事業の多角化を加速させていく。
さらに、この頃から海外戦略を経営の重要課題と位置づけていく。日本経済が安定成長期になった1970年代のオイルショック後、品質や価格の良さに加え、省エネや環境性能に優れる日本製品は、自動車を筆頭に世界中で高く評価され、欧米では日本製品の輸出攻勢によって貿易摩擦をもたらしていく。NSKではシンガポールやイタリア、オランダなどに販売会社を設立して輸出体制を強化する一方、イギリスやアメリカでの生産体制を整備するなど、貿易摩擦問題の解消のための現地生産率を高めていった。

TOPICS

乗用車・トラックのステアリング用に精密ボールねじを開発。

軸受の開発・製造を通じて培った精密加工などのコアテクノロジーを活かして、ボールねじを開発。59年にはハンドルの操作性・機械効率等の向上を実現するトラック・バス・乗用車用に「ボールスクリュー(ボールねじ)式ステアリング」を市場に投入。
現在は、工作機械など多方面にわたる産業分野に供給し、ボールねじのシェアは世界第1位を誇っている。

詳しく

技術研究所を竣工(神奈川県藤沢市)。

藤沢工場敷地内に、技術研究所を竣工。以降、米州、欧州、ASEAN、中国に技術拠点を設立し、現在ではグローバルに14拠点(内、日本が5拠点)展開し、現地のニーズにスピーディーに対応している。

詳しく

歯科治療時の痛み軽減を実現する高速回転(45万回転/分)デンタルドリル用に「ステンレス製ミニアチュア玉軸受」を開発。

アメリカに「ジャムコ・コーポレーション社」を設立。

NSKのアメリカでの歴史は古く、1958年、フーバー・インターナショナル社と15年間の輸出販売と技術提携契約に調印し、75年には同社を完全子会社とした。
62年にはアメリカ・ニューアーク市(ニュージャージー州)に軸受などの販売会社として、現在のNSKコーポレーション社の前身である「ジャムコ・コーポレーション社」を設立した。以降、アナーバーやクラリンダに工場を設立するなど、アメリカ各地に製造・販売拠点を展開していく。

詳しく

鉄道の高速化・高信頼性を実現する東海道新幹線用に軸受を開発。

鉄道車両向け軸受は、鉄道の安全走行に直接影響する重要保安部品で、高い信頼性が要求される。1964年の新幹線0系の営業開始以来、最新のJR北海道新幹線に至るまで、NSKでは全種類の国内新幹線に向け、軸受を唯一提供してきた。

詳しく

自動車の高効率・円滑な変速を実現するオートマチック変速機用部品を生産開始。

「NSKブラジル社」を設立。

ブラジル・サンパウロ市近郊に軸受などの生産・販売会社「NSKブラジル社」を設立。1972年には、海外で現存する最古の生産拠点スザノ工場の操業を開始した。
ブラジルは、人口が多く、鉱山をはじめとする産業も盛んな市場。自動車や家電向けの軸受の販売が見込める魅力的な市場だったが、通貨の変動が大きく、輸出では採算的に成立しなかった。そこで、NSKは現地の家電向けを中心とした軸受工場を設立した。

詳しく

家庭用VTR(ビデオデッキ)用に高精度軸受を開発。

イギリス(ピータリー工場)で軸受の生産開始(装置産業として全英で初)。

かつて炭鉱の町として栄えていた、北イングランド地方のピータリーでは、NSKが工場建設を検討していた70年代初頭、ほとんどの鉱山がすでに閉山となり多くの人が職を失っていた。NSKでは、現地の熱心な誘致を受け、欧州展開の足がかりとして、日本企業の開拓が進んでいなかったこの北イングランド地方にピータリー工場を開設。その後、多くの日本企業が続々と同エリアに工場を建設した。

詳しく

メカトロニクス製品を市場投入。

1982年には電子研究所を設立し、電子応用製品分野に進出。この技術が電動パワーステアリング(EPS)、ヒューマンアシストロボットなどの現在のメカトロ技術につながっている。

詳しく

Motion & Controlへの挑戦・海外展開深化

19841993
UPI社買収契約の調印

80年代後半には日本の自動車産業の海外進出を見据えて海外展開を加速させた。また総合メカトロニクスメーカーを目指して、新製品を拡充し、事業領域を拡大していった。

1985年のプラザ合意をきっかけとした急激な円高によって、内需拡大政策が展開され、その後の好景気の中で消費は拡大していった。
NSKでは品質至上主義に基づいて追求してきたモノづくりの技術を用い、メカ トロニクス分野や半導体関連分野での新製品を開発。軸受メーカーに留まらず、事業領域を機械分野・電機/電子制御へと拡大し、お客様の視点に立った製品やサービスの提供に努めていった。
円高が進む中、グローバルでは欧米の設備を増強したほか、イギリスUPI社を完全子会社とした。さらに、欧米にR&Dセンターを設けて、研究開発の日米欧三極体制を整備するなど、真のグローバル化を進めていく。グローバル展開をする上で、NSKが大切にしてきたのが「現地企業を目指す」というモットーだった。長期的な視野に立って現地に溶け込み、現地の人々の役に立つことを最重要課題とし、現地との共存・共栄を図っていった。

TOPICS

ファクトリーオートメーション用にダイレクトドライブモータ「メガトルクモータTM」を開発。

NSKのメガトルクモータは、高いシェアを獲得し、現在ではスマートフォン生産現場での搬送工程の効率向上に貢献している。

詳しく

バッテリーフォークリフト用にハンドル操作を容易にする電動パワーステアリング(EPS)を開発。

EPSは、その後自動車向けに開発されていく。ステアリングビジネスを取り巻く環境は、急激なスピードで大きく変化し続けている。NSKは拡大を続ける小型車に向け、得意とするコラムタイプEPSで成長を続けてきた。現在は、世界第2位のシェアを持ち、NSKの売上拡大を支える柱の1つに成長した。

詳しく

韓国に軸受の製造・販売会社「NSK韓国社」を設立。

自動車の軽量化・低燃費化などに貢献する「ホイール用ハブユニット軸受」を市場投入。

軸受単体ではなく周辺部品を組み込んだモジュール部品とすることで、性能向上に加えて、自動車メーカーの生産性に貢献した。

詳しく

イギリスの軸受メーカー、「UPI社」を完全子会化。

イギリス最大の軸受メーカー「UPI(ユナイテッド・プレシジョン・インダストリーズ)社」を完全子会社とした。従業員3,800人、国内5工場とドイツ、スイスに製造拠点を持ち、航空機用軸受などを得意とする同社の買収により、NSKは、イギリスでのシェアを約20%にまで高め、欧州でも有数の軸受メーカーとなった。

詳しく

選択と集中から成長路線へ・新興国市場の開拓

19942008
中国の「昆山工場」

一部事業の撤退や再編を行う一方で、中国の事業基盤の拡充を進めるなど、事業の選択と集中を進めた。
また、新興国の台頭に伴い世界経済が拡大していく中、NSKでも新興国市場を開拓し、グローバル化を本格化させた。

バブル崩壊に伴う成長の鈍化、長期低迷を受け、NSKでは国内事業の構造改革を進めて収益体質の強化を図っていった。自動車の燃費向上や長寿命化など環境対応の強化を進めるとともに、ホイール用ハブユニット軸受やステアリング事業を拡大していった。産業用軸受においても、欧州の風車向けや中国の建機や鉄道車両向けに拡販した。
またニードル軸受事業をNSKの完全子会社とする一方、シートベルトやCVJの事業を譲渡するなど、事業の選択と集中を進めていった。
2000年代にはBRICsの台頭など、新興国を中心に世界経済が拡大する中、NSKでは輸出を拡大させるとともに、海外現地生産も拡大させていく。海外軸受メーカーに先駆けて1995年には中国に工場を設立し、その先行優位性を活かして、中国での存在感を高めていく一方、インド、ASEAN、中南米など他の新興国における事業拡大も進めていった。さらに、新興国向け製品の開発やEPSのグローバル展開も積極的に進めていった。

TOPICS

インドネシアに「NSKベアリング・インドネシア社」を設立。

ビデオを初めパソコンなど電化製品の旺盛な需要に対応すべく、軸受の製造会社「NSKベアリング・インドネシア社」を設立し、日本で生産していた小径軸受の生産をインドネシアに移管。
1991年には、NSKのグループ会社でパソコン向けのミニアチュア・ボールベアリングなどを製造・販売するNSKマイクロプレシジョン株式会社も、マレーシアに、現地の地場企業と合弁で工場を設立した。
ASEANの中でも膨大な人口を抱えるインドネシアに設立することで、欧州の影響が色濃い同地域への展開の足がかりとした。その後、タイの地場企業と合弁で2000年にはステアリング工場を、2002年には自動車用軸受工場を設立するなど、急激な成長を続けるASEANにおいて、変動していくマーケットを先取りし、製造・販売拠点を設立していった。

詳しく

「NSK昆山社」を設立。

中国・江蘇省昆山市に軸受の製造・販売会社「NSK昆山社」を設立。
NSKは1950年代には、他社に先駆けて中国市場への展開を開始し、国営軸受企業に技術供与を行いながらNSKブランドを確立していった。現在では、12の生産拠点、19の販売拠点に加え、技術拠点も設立し、中国でフルラインアップ体制を確立し、中国市場においてトップクラスのシェアを獲得している。

詳しく

インドに「ラネーNSKステアリングシステムズ社」を設立。

インド・チェンナイ市に自動車部品の製造会社、「ラネーNSKステアリングシステムズ社」を設立した。歴史的な背景から欧米企業が強い影響力を持っているインド市場において、インドを代表する地場企業「ラネー社」と合併で工場を設立した。

詳しく

ポーランド国有企業「FLTイスクラ社」を子会社化。

NSKはM&Aを積極的に活用することで、新たな市場・企業文化を取り込みながら成長を続けてきた。
旧共産圏・ポーランドの「FLTイスクラ社」は、軸受のほか、プラグなどを生産しており、1800年代後半からモノづくりを行っている国営企業。イスクラ社とNSKは1970年にプラント輸出契約を締結していた。
冷戦が終わり、ベルリンの壁が崩壊して欧州経済連合(EU)が発足すると、市場及び生産拠点として東欧が注目され始める。NSKでは1998年にポーランド国有企業「FLTイスクラ社」の70%の株式を取得し、子会社化した。

詳しく

自動車の燃費改善・静粛性向上を実現する「ハーフトロイダル無段変速機(CVT)」を開発。

「ハーフトロイダルCVT」は、変速効率が高く、動力を滑らかに伝達する優れた変速機であり、今後の商品化が期待されている。

詳しく

軸受の用途拡大を実現する世界最小径(2mm)の深溝玉軸受の量産に成功。※世界最小は2004年時点。

小さな軸受の製造には高度な技術を要し、2mmの軸受の製造に成功したNSKグループの川名伸二は、卓越した技術者として厚生労働省より「現代の名工」を受賞した。
NSKでは、外径2mmのミニアチュア軸受から外径6mの超大形軸受まで、約20万種以上のさまざまなタイプの軸受を揃え、あらゆる産業の幅広いニーズに応えている。

詳しく

創立100周年に向けて

20092015
メキシコの工場

世界経済の回復を経て、NSKは「安全・品質・コンプライアンス」を基礎として1兆円企業に向けて、経営体質を強化していく。

リーマン・ショック後の長引く停滞を経て、世界経済の回復を受け、NSKは再び成長軌道を歩み始めた。13年以降に進んだ円安の追い風も受けて、業績は着実に回復している。
自動車産業などで生産、部品調達の現地化が進む中、NSKも中国やメキシコなど新興国を中心に生産拠点をさらに拡大させていく。また中東、ロシア、中南米での販売体制を強化した。現地に最適な生産方式の採用や、マネジメント層を含めて現地スタッフを積極的に登用して人材育成を徹底するなど、真の「現地化」を進めてきた。
現在では世界30カ国に、214拠点、グループ連結従業員数31,088人のグローバルネットワークを展開している(2015年3月時点)。年間で生産する軸受は、その数、約22億個。軸受に求められる技術はますます高度化している。幅広い機械に使用され、その円滑な回転を支えることでエネルギーロスの低減に貢献する製品の提供を通じて、産業の発展を支えている。

TOPICS

ブレーキの小型・軽量化、電動化を実現する「二輪車ブレーキシステム用ボールねじ」を開発。

信頼性向上・姿勢制御高精度化を実現する、人工衛星用「高性能フライホイール軸受」を開発。

軸受が回転する際には、摩擦を低減するために潤滑油が使われている。しかし宇宙では、真空のため通常の潤滑油が使えない。NSKではこの課題を解決し、宇宙衛星の性能向上によって、天気予報の精度向上や地球環境の観測に貢献するなど、困難な究極の技術に挑戦してきた。

詳しく

安全性向上・省メンテナンスを実現する旅客鉄道車両用に「車軸センサ軸受」を開発。

軸受にセンサを組み込む高度な技術は、その後、風車や各種生産設備など、用途は拡大していった。

詳しく

「NSKベアリング・マニュファクチュアリング・メキシコ社」を設立。

メキシコ・グアナファト州シラオ市に軸受の製造会社「NSKベアリング・マニュファクチュアリング・メキシコ社」を設立。生産台数の約8割を北米に輸出しているメキシコでは、多くの自動車メーカーや自動車部品メーカーが進出し、自動車生産が集積している。当工場の設立を受け、現在、NSKでは、国内外総計で65拠点の生産拠点を展開している。

詳しく

高い安全性を実現する食品・医療機器向けに「100%食品由来の潤滑グリース」を開発。

食品や医薬品を作る過程において使われている軸受にも潤滑油が使われている。NSKは、万が一流れ出しても人体に危害を加えない潤滑油を開発した。

詳しく

自動車の燃費改善・快適性向上を実現する自動変速機用「トルクセンサユニット」を開発。

スマートフォン等部品用の電動射出成形機向けに「高負荷駆動用ボールねじ」を開発。

あたらしい動きをつくる。

2016Looking Towardthe Next 100 Years

2016年、日本精工株式会社は、創立100周年を迎えた。10年後のありたい姿を表した「NSKビジョン2026」の実現のため、あたらしい動きをつくりだし、社会と共に成長を続けていく。

「速さ、静けさ、美しさ、滑らかさ、さまざまな「動き」の質を追求して生み出す。そして、その先にある“ひとのココロ”も動かし、豊かにする。それは創立以来100年間、私たちが続けてきたこと。
自負はある。しかし、満足はない。世界中で、ひとの生活も社会も大きく変化し続けている今日、つくるべき「あたらしい動き」とは、何か。今まで以上に考え、悩み、挑む。私たちNSKの決意です。」
NSKは、100年の歴史の中で培ってきた技術を活かし、新技術・新製品・新事業を創出していく。「あたらしい動きをつくる。」ことによって、社会に新たな価値を創出し、「円滑で安全な社会」と「地球環境の保全」への貢献を目指し、変化を続ける社会とともに成長していく。

TOPICS

11月8日、日本精工株式会社は、創立100周年を迎えた。

company